乳ガンになったとき | ガンの治療を行なって元通りの生活を送っていく

ガンの治療を行なって元通りの生活を送っていく

医療

乳ガンになったとき

年齢問わず、多くの女性に乳ガンになる可能性はあります。
乳ガンとは、その名の通り胸に出来たガンのことで、治療が必要な病気です。
乳ガン治療をしていく必要がありますが、そのときに変形したり、場合によって切除を行なったりします。
そういったときに行われるのが、乳房再建と言われるものです。
乳房は、女性が女性らしくあるために必要なもので、乳房を乳房再建によって取り戻すことで、精神的にも病気と向き合うことが出来ます。
ガンの治療を受けた患者さんが、自分らしさを取り戻すために必要な治療でもあります。

現在、多くの医療機関で乳房再建の手術が行われています。
乳ガンになったときには、温存療法もありますが、乳房全摘の決意が必要なときがあり、そういった手術のあとに再建手術を受けることが出来ます。
乳房再建を行わなくても、ブラジャーの中にパットを入れて違和感をなくすことは可能です。
ですが、乳房再建によって本来の自分に戻りたいと考える人がたくさんいます。
仮に乳ガンの手術を受けることになった場合は、全摘をする医師と乳房再建を依頼するクリニックの医師に相談しましょう。

乳房再建の目的として、左右の乳房を同じ形にする、パッドを付けないで済むようにするという目的があります。
乳ガンの手術を行なったあとも、自分に自信が持てるように行うものです。
メリットやリスクもあるので、医師と相談しながら行なっていく必要があります。
病気によって失われた乳房を取り戻すことで、前向きな人生を歩めるように乳房再建は行われていますが、慎重に医師選びやクリニック選びは行いましょう。