時期を考える | ガンの治療を行なって元通りの生活を送っていく

ガンの治療を行なって元通りの生活を送っていく

医療

時期を考える

乳房再建を行うときには、時期を考えることも大切です。時期には主に2つのパターンがあります。
1つ目は、乳ガンの手術と同時に乳房再建を行うという方法です。
これは一期再建と呼ばれていて、乳ガンの手術のときに組織拡張器を入れて、ガンの切除したあとの皮膚を伸ばすというものです。
徐々に皮膚を伸ばし、手術していない反対側と同じ大きさになったとき、人工乳房を入れる、あるいは自分の組織を入れて再建する方法になります。
この一期再建を推奨している医療機関が数多くあります。
理由として、ガンの手術だけでも不安や心配があるので、乳房再建の手術を考える余裕がなくなる人が増えるからです。
ガンの手術のときに、組織拡張器を入れておけば、皮膚は伸び、その後にどうするのかを患者が決めることが出来るからです。
また経済的な負担も軽減されるというメリットもあります。
手術回数を少しでも減らすことで、経済的な面だけでなく、体に対しても負担が少なくなってきます。

乳房再建の方法として、二期再建という方法もあります。
二期再建は、乳ガンの治療が終わった後に、改めて乳房再建を行なっていく方法となります。
乳房の手術を過去に受けた、もしくは手術後の薬物療法や放射線療法などの治療が終わったあとに行うものです。
治療後に組織拡張器を入れて、皮膚を伸ばしながら行なっていきます。
一期再建よりも、時間や手術回数が増えてしまいますが、治療後に行うので、合併症を引き起こす可能性が低くなります。
どちらにもメリットがあるので、自分に適した治療法を医師と相談しながら進めていきましょう。